月刊フューネラルビジネス5月号

2016.04.25

ブルーオーシャンカフェ、認知症カフェ「ラウレア」をスタート

海洋散骨事業を展開する㈱ハウスボートクラブ(本社東京都江東区、社長村田ますみ氏)が運営する終活コミュニティカフェ「ブルーオーシャンカフェ」は、3月9日、認知症カフェ「ラウレア」をスタートした。

ブルーオーシャンカフェでは飲食提供を中心に、終活カウンセラーなどの資格をもつスタッフが相談窓口となるほか、エンディングノート、葬儀、散骨などをテーマとしたセミナーやワークショップなどを月に約10講座開講している。

今回、新たな試みとしてスタートした認知症カフェ「ラウレア」は、認知症患者、その家族や介護者がお茶を飲みながら、情報交換や医療・介護の専門家に相談できる場で、ラウレアはハワイ語で「幸せ」を意味する。

厚生労働省は2015年1月に関係11府省庁と共同で策定した「認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者にやさしい地域づくりに向けて~」(新オレンジプラン)のなかで、認知症患者の介護者負担を軽減するため認知症患者やその家族が、地域住民や専門家と相互に情報を共有し、理解しあう認知症カフェ等の設置を推進している。ラウレアの営業日は毎月第2水曜日の11~17時で、情報交換や相談のほか、生演奏による歌声喫茶なども行っていく。

Share

Contact

お問い合わせ

サービスについてのご相談・ご質問など、
お気軽にお問い合わせください。