株式会社ハウスボートクラブ HouseBoatClub

ニュース news

ブルーオーシャンセレモニー沖縄 2/1よりサービス開始

ニュースリリース
2024.01.30

【沖縄県】海洋散骨実施数1.85倍 需要の高まりに応えて
ブルーオーシャンセレモニー沖縄 サービス開始

当社は、有限会社拓商(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:親泊 元八、以下「拓商」)とフランチャイズ契約を締結し、「ブルーオーシャンセレモニー 沖縄」として2024年2月1日よりサービス開始することをお知らせします。

沖縄エリアでの海洋散骨実施数が前年比1.85倍に

 拓商は沖縄で創業50年の歴史をもち、那覇市、浦添市、宜野湾市、沖縄市、うるま市、久米島など、県内のあらゆる地域に根差した葬祭事業者です。葬儀に関連して必要となる搬送や生花装飾、葬儀後のご法事やアフターサポートまで一貫してケアする傍ら、社内のDX化にも注力し新たな挑戦を続けてきました。
沖縄県は美しい海に囲まれた国内有数のリゾート地でもあることから、当社でも海洋散骨の場所として選ばれやすい非常に人気の高いエリアです。その件数はコロナ禍後さらに増加傾向にあり、2023年度には前年比1.85倍に増加しました。なお、当社が実施する沖縄県での海洋散骨うち、8割は関東圏からのご依頼です。当社の本社(東京都江東区)にある粉末化ルームで打合せ・ご遺骨をパウダー化した上で沖縄県を訪れ、海洋散骨を実施します。多くの方が散骨当日だけでなく前後に観光も行っていくため、「散骨旅行」として当社の旅行事業部門から移動や宿泊を手配させていただくケースも増えています。
一方で、50年という長い年月をかけ沖縄県内の葬儀に携わってきた拓商も、近年、葬儀後の遺骨の供養先として従来型のお墓以外の選択肢が増えていることを実感しているといいます。暮らしと海が密接に関わる沖縄県だからこそ、美しい海への散骨希望者は今後更に増加すると見込まれ、また県外からの観光需要増加にも一役を買うと考えられます。そういったことから、拓商と当社は2024年1月30日にフランチャイズ契約を締結し、共に沖縄県での海洋散骨展開を広げていくことを決定いたしました。拓商は、2月1日より「ブルーオーシャンセレモニー沖縄」としてサービスを開始いたします。

 

有限会社拓商 代表者コメント

 昨今の海洋散骨需要の増加を受け、弊社は専門知識や経験を持ったハウスボートクラブ様とフランチャイズ契約を行う運びとなりました。海洋散骨は子や孫にお墓の管理やお金の負担をかけたくない方、故人の自然への帰還を願う方にとって魅力的な選択肢の一つです。私たちは、海洋散骨のルールや注意点を守り、故人と遺族の思いに寄り添ったサービスを提供できるよう努めて参りますので、沖縄の海での散骨に関心のある方は、ぜひ私たちにご相談ください。

有限会社拓商 代表取締役 親泊 元八

有限会社拓商
【代表】  代表取締役 親泊 元八
【住所】  沖縄県那覇市字仲井真130-2
【事業内容】冠婚葬祭業
【URL】  https://www.takusho-g.com/

 

株式会社ハウスボートクラブ 代表者コメント

 この度は、当社7エリア目のフランチャイズ先【ブルーオーシャンセレモニー沖縄】の誕生をご報告でき大変うれしく思います。沖縄県でご葬儀を中心に創業50年の歴史をもち、地元住民にも愛され地域に根差した有限会社拓商様とご縁が繋がり、当社の海洋散骨サービスに共感いただくことができました。当社の海洋散骨では那覇をはじめ、真栄田、伊江島、宮古島、久米島などの出航が可能ですが、どこも国内国外問わず観光のほかダイビングなどの目的で訪れる方も多い場所だと思います。地元の方、県外から散骨のために訪れる方、どちらも海洋散骨を通して思い出に残る時間を過ごしていただけるよう、那覇を拠点とする拓商様と連携してより良いサービスを提供するべく尽力してまいります。また、今後も各地の地元企業様と提携し、フランチャイズ展開を拡張していく考えですのでぜひご期待ください。

株式会社ハウスボートクラブ 代表取締役社長 赤羽 真聡

 

当社では、これから海洋散骨の事業を始めたいと考えている提携企業様を募集しております

詳細は右記までお問い合わせください。ブルーオーシャンセレモニー 0120-365-352